2007年09月25日
ジョン・マクティアナン監督(56)が24日、連邦捜査局(FBI)に対して故意に虚偽の証言をしたとして、禁固4カ月の判決を受けた。同監督には、2年間の保護観察処分と10万ドル(約1150万円)の罰金も言い渡された。
って、まぁ盗聴とかの犯罪は良くないと思いますが、罰金で10万ドル払えることが凄いと思ってしまいます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070925-00000385-reu-ent

「ダイ・ハード」直訳すれば「死ぬほど大変」となってしまいますが、映画は正に主役のジョン・マクレーンが殆ど一人で犯罪者集団(殆どが強盗犯)に立ち向かう話ですが、一介の市警察の警部補が立ち向かう設定には?マークが付きます。
私的には、「24」の方が多少リアルですが、民間人も含めて多数の死者が出るのは見ていて辛いですね。それといくら大統領直轄のテロ対策ユニット(CTU)だとしても、人工衛星や防犯カメラを操作したり、国防総省や企業のシステムへのハッキングなど少し飛躍しすぎのような気もしますが、こちらも不死身のジャックバウワー捜査官の活躍は見ものです。今はシーズンYが出ているので見ていますが、相変わらずハラハラドキドキで面白いですね。
ランキングに参加しています。是非、クリックのご協力願います。
にほんブログ村 家族ブログ 家事へにほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

殺ったのはおまえだ―修羅となりし者たち、
Excerpt: 平成12年から13年頃の事件が9件、まだ記憶も新しい大阪「池田小」児童殺傷事件、恵庭「社内恋愛」絞殺事件、池袋「通り魔」連続殺傷事件、神戸「女子中学生」手錠放置事件その他の犯人、生い立ちから境遇、また..
Weblog: 犯罪がいいと思う
Tracked: 2007-10-22 11:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。